手作りの制服でおしゃれに着飾る

制服はきっちりして、落ち着いた時に着るという厳かなイメージがありますが、実は手作りすることが出来ます。
コスプレが流行している今、様々なタイプの制服を手作りで製作し、自分で着飾ってみるということも可能です。
インターネットなどでも、製作動画や製作のノウハウが載せられたサイトもあり、それらを参考にするとかなり製作しやすくなります。
コスプレ衣装は専門のショップで販売もされていますが、手作りだと完成して着飾った時の達成感は、また違ってきます。
他にアイドルの衣装にも、制服風のデザインが多かったりと、見ているだけでも華やかな印象を与えてくれます。
アイドルのような衣装を製作して、ダンスイベントや出し物で着飾ってみたりすることも可能です。
制服は最大でも12年間しか着られないものですから、別の形で衣装として着られることが貴重でもあります。
またぬいぐるみに着せる服を手作りする人も増えており、そこでも制服風のデザインはもはや定番と言えます。

コスプレ用の洋服・制服を手作りするには

アニメや漫画の登場人物のコスプレをしたい時に、キャラクターの洋服や制服をそっくりそのまま再現した衣装は中々存在しません。
あったとしても特注扱いなので、高値で売られているはずですし、自分の体型にぴったりと合うかどうかも不明です。
そのため、多くのコスプレイヤーは洋服や制服などを手作りして着用するのが定番となっています。
洋服の生地は「生地専門店」や「手芸専門店」で多く取り揃えられています。
色のバリエーションだけでなく、多種多様な種類の生地が扱われているだけでなく、メートル単位で安く購入する事が可能です。
最近ではコスプレの普及によって、有名キャラクターの制服の型紙から生地までをセット販売しているお店もあります。
中でもオタク文化に理解が深い地域の専門店では、独自のサービス展開をしているので、手作り初心者であれば秋葉原や池袋などがお勧めです。
また、専門店は裁縫道具から細かい小物まで網羅されているため、考え無しに行くのはやめましょう。
何が必要か事前にリストアップして、要領よく購入するのが重要なポイントです。

Favorite



2020/3/5 更新